なぜワクチンを贈るのですか?
 感染症について
 ワクチンとはどのようなものですか?
 どんな国や地域に贈られますか?
 どこに持っていけばいいですか?
 洗ったり、シールをはがしたりしなくてはいけないですか?
 プラスチック製のキャップなら何でもいいですか?
 リサイクルまでの工程はどのようなものですか?
 自分たちが回収したキャップの個数やポリオワクチン何人分になるかわかりますか?
 自分たちが回収した記録は残りますか?
 回収ボックスは提供してもらえますか?
 回収ボックス設置場所に登録できますか?
 回収ボックスにHELLO FIVE ecoのロゴを使用したいのですが
 
 
   
 


 
   
   
 
 
   
 
エフエム石川 076-262-8050
エコキャップ運動担当者まで
(平日9:30~18:00)
 
 
 
なぜワクチンを贈るのですか?
 
 

1990年、ニューヨークの国連本部で「子どものための世界サミット」が開催され、159カ国の代表者が集まりました。そして会議の中で、ワクチンが足りないために、世界中で多くの子どもたちが命を落としていることが議論されました。

これをうけ、1993年に「子どもワクチン世界会議」が京都で開催され、先進国は発展途上国の子どもたちのために必要なワクチンを供給しなければならない、という「京都宣言」が採択されました。そして1994年1月、「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」が設立されたのです。

[「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」ホームページより ]

(c) JCV 禁無断転載
▲ トップに戻る  
 
感染症について
 
 

感染症とは、ウイルスが体内に侵入することによって、死んだり後遺症に苦しんだりする病気のことをいい、ワクチンを接種して予防することにより、高い確率で発症を防げます。また感染後に治療するよりも、安価なワクチンを接種して予防する方が経済的な負担も軽くて済みます。子どもの命を脅かす、六大感染症(ポリオ、はしか、結核、ジフテリア、百日咳、破傷風)は、定期予防接種の普及により、日本での発症例は非常に少なくなりましたが、途上国ではいまだに大きな脅威となっています。

[「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」ホームページより ]

▲ トップに戻る  
 
ワクチンとはどのようなものですか?
 
 

運動の呼びかけでは「ポリオワクチン」を謳っていますが、これはポリオワクチン1人分の価格が約20円であることから、分かりやすく換算できるためです。実際には、ポリオ以外にも次のようなワクチンが贈られています。

・ポリオ(小児マヒ)
・MMR(はしか、おたふくかぜ、三日ばしか)
・BCG(結核)
・はしか
・DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)

[「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」ホームページより ]

(c) JCV 禁無断転載
▲ トップに戻る  
   
どんな国や地域に贈られますか?
 
 

これまでワクチンが贈られた実績は次のとおりです。

・ミャンマー
・ラオス
・ブータン
・バヌアツ

(c) JCV 禁無断転載 (c) JCV 禁無断転載
▲ トップに戻る  
 
どこに持っていけばいいですか?
 
 

飲んだペットボトル飲料のキャップを外してためておいてください。ある程度たまったら、お近くの回収場所に持ち込んでいただければ結構です。ハローファイブ エコキャップ運動のキャップ回収場所は、次のページで確認できます。

[ ペットボトルキャップ回収場所一覧 ]

▲ トップに戻る  
 
洗ったり、シールをはがしたりしなくてはいけないですか?
 
 

ひどい汚れ(泥や油など)の場合は、キャップそのものを除外してください。そのほかは軽く洗っていただけると助かりますが、通常の汚れ(飲み物が乾いた状態)程度であればそのままでも結構です。シールもはがしていただけると助かりますが、そのままでも結構です。みなさんのできる範囲でご協力ください。

▲ トップに戻る  
 
プラスチック製のキャップなら何でもいいですか?
 
 

回収しているのは「ペットボトル飲料」のキャップに限ります。これは、ペットボトル飲料のキャップはどれもポリプロピレン(PP)という同一の良質な材料で作られているからです。ペットボトル飲料以外のキャップでもポリプロピレンのものはありますが、細かく区別することが難しいためペットボトル飲料のキャップに限らせていただいています。

塩・コショウ・醤油・ソース・マヨネーズ・ドレッシング類などの調味料や化粧品などのキャップは、ポリプロピレン以外の材質のものが多く、これらのキャップが混ざると不純物となって材料のリサイクルの質が落ち、売却の際に単価が下がってしまいます。一部の不純物のために全体が安い価格で引き取られて、ワクチンへの寄付金も少なくなってしまいます。

また、イベントなどで着色したものや接着剤が付着しているものはリサイクルの対象外となりますので回収していません。回収の時点でこれらのキャップを入れないようお願い致します。

▲ トップに戻る  
 
リサイクルまでの工程はどのようなものですか?
 
 

回収したキャップは以下の工程でリサイクルされます。

1.ペットボトルキャップ以外のものを取り除きます。
(一番多いのは調味料のキャップですが、電池やビンなどが混ざっていることもあります)
2.シールなどをはがします。
3.内蓋をペンチで取り外します。
(あまり知られていませんが、飲料の種類によってはキャップの内側に蓋が取りつけてあります。キャップを耳元で振ってみるとカラカラと音がするので分かります。内蓋は材質が異なるために取り外します)
4.洗浄して乾燥させます。
5.破砕します。(機械で細かく砕きます)
6.溶かして「ペレット」と呼ばれる小さな粒にします。(この状態で売却されます)
7.リサイクル企業で、ペレットから製品を作ります。

上の工程の中で1~5までは、ハローファイブ エコキャップ運動に協力していただいている能美市のNPO法人 能美市作業所連合によって行われています。ここでは、知的障害者の方たちが手作業で1つ1つのキャップを扱っています。

▲ トップに戻る  
 
自分たちが回収したキャップの個数やポリオワクチン何人分になるかわかりますか?
 
 

重さを量ることで簡単に計算できます。また、エフエム石川に報告された全ての回収実績は協力者(サポーター)ごとにホームページで確認できます。

【量り方】
(キャップを持って体重計で測定) - (キャップを持たずに測定) = (キャップの重さ)

【個 数】
ペットボトルキャップ1個の平均の重さは2.5gなので、次の計算で算出できます。
重さ[kg] × 400 = 個数[個]

【ポリオワクチン換算】
800個でポリオワクチン一人分なので、次の計算で算出できます。
重さ[kg] ÷ 2 = ポリオワクチン[人分]

▲ トップに戻る  
 
自分たちが回収した記録は残りますか?
 
 

エフエム石川ホームページ内「ハローファイブ エコキャップ運動」のページで、企業・学校・団体ごとの回収実績を確認していただくことができます。なお、回収ボックスに直接入れた場合はお名前や量が分かりませんので、記録をご希望の場合はエフエム石川に直接持ち込むか、遠方の場合はエフエム石川にご相談ください。また、エフエム石川に直接持ち込んだ場合に限り「受取り書」をお渡しすることができます。ご希望の場合は、事前に持ち込みのご連絡をお願いします。

エフエム石川(平日9:30~18:00)TEL:076-262-8050 エコキャップ運動担当者まで

▲ トップに戻る  
 
回収ボックスは提供してもらえますか?
 
 

エフエム石川から回収ボックスの提供は行っていません。お手数ですが協力してくださる皆様のほうで用意してください。段ボール箱、プラスチックケースなど、どんなものでも結構です。設置場所(屋内/屋外、お店のイメージなど)に不都合でないものをご用意ください。

▲ トップに戻る  
 
回収ボックス設置場所に登録できますか?
 
 

以下の内容をご了承いただけるのであれば、ホームページの回収場所一覧に掲載させていただきます。また、回収実績は記録されホームページでいつでも確認することができます。

・回収ボックスをご用意ください。エフエム石川から提供はできませんので、段ボール箱、プラスチックケースなど、どんなものでも結構です。分かりやすい場所に設置してください。
・一般の方がキャップを持ち込んたときに、断らずに受取ってください。大量の持ち込みを希望する旨の申出があった場合は、事前にその旨をエフエム石川にご相談ください。
・エフエム石川による回収は以下の条件にあてはまる場合のみ回収させていただくことになります。(2015年4月より) それ以外の場合は、エフエム石川(金沢市彦三町2-1-45)または、障がい福祉事業所『一歩』(能美市宮竹町イ180番地30)にお持込みただくことになります。

【回収できる場合】
・かほく市以南である。
・45Lごみ袋で20袋以上の回収量である。

▲ トップに戻る  
 
回収ボックスにHELLO FIVE ecoのロゴを使用したいのですが
 
 

回収ボックス設置場所に登録していただける場合に限り、お申し出いただければボックスに貼るためのロゴシールをお送りします。このロゴは当該目的以外に使用することはできません。

▲ トップに戻る  
 
 
   
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) FM ISHIKAWA Broadcasting Co.,Ltd. All right reserved.