第94回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時 3月31日(金)午後2時00分〜3時00分
2.開催場所 エフエム石川本社会議室(金沢市彦三町2丁目1番45号)
3.出席委員 11名中以下の9名が出席
寺西盛雄(委員長)、北元喜朗(副委員長)、伊藤数子、大村松雄、
小宮寛治、平木孝志、堀喜代治、宮本匡章、山岸淑子
4.議題 ・業務概要の報告
・試聴と質疑・意見交換
5.議事内容 ・業務概要の報告
 エフエム石川が提唱する海岸愛護運動「クリーン・ビーチいしかわ」の平成12年度活動計画について説明が行われました。また、4月の番組改編の概要が報告されました。自社制作の主要番組は、一部の番組でパーソナリティーが変わったほか、各番組で新コーナーを設けるなど、内容が大幅にリニューアルされました。

・試聴と質疑・意見交換
 以下の番組を試聴しました。
  試聴番組「福山雅治のトーキングF.M.」
  3月19日(日)午後4時00分〜4時55分

 この番組は、昨年12月に実施したラジオ聴取率調査で、最高聴取率(8.6%)を獲得した番組です。いま、最も人気のあるアーティストのひとり、福山雅治がパーソナリティーを務め、「カッコいい選曲」と「本音トーク」が若いリスナーの支持を集めています。制作はTFM(エフエム東京)で、JFN35局にネットされています。

 委員からは、番組内の選曲を評価する声が相次ぐ一方で、パーソナリティーの福山雅治のトークについて賛否両論が出されました。
  評価する委員からは「いま、子供たちが求めているのは、自分の身になって話を聞いてくれる人。言葉は乱暴だが、近所のお兄ちゃんといった感じがあり、それが人気の元になっている」といった指摘がありました。これに対し、「どういう年齢層を対象にしているのかはっきりしない」「12歳の女の子の相談に掛け算だけできればいいような意味のことを答えていたが、影響力のある人なので親の立場からは歓迎できない」などの苦言が出されました。


Copyright (c) 2000 FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.