第283回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

2月27日

2.開催場所

エフエム石川

3.出席委員

7名
委員長:柳澤良一
委 員:大場司、工藤彩子、久保 勉、新田陽子、平木孝志、宮川昌江

1. 業務概要の報告
2. 番組の試聴と質疑、意見交換
5.議事内容

1.業務概要の報告

番組では2月10日(日)に作家村上春樹さんの第4弾となる特別番組「村上RADIO〜今夜はアナログ・ナイト!〜」をJFN系列38局で放送したことが報告されました。
イベントでは、2月23日(土)に開催した「出来る男のおさかな料理教室」には19名が参加したこと。金渓閣で婚活パーティーを2月24日(日)に開催し、男性20名、女性19名の参加者の中から4組のカップルが成立したこと。また2月24日(日)に開催した「能登の一品料理教室」に20名が参加したことが伝えられました。

2.番組の試聴と質疑、意見交換
【試聴番組】
番組タイトル:山田五郎と中川翔子の『リミックスZ』
放送日時:2/16 (土) 11:00 - 11:30
出     演:山田五郎(編集者・評論家)
中川翔子(バラエティアイドル・マルチタレント)
ゲスト:北村 森(きたむら もり)(サイバー大学IT総合学部教授、商品ジャーナリスト)

番組内容
「スキマ好き」の山田五郎と「キモス(※1)好き」の中川翔子(しょこたん)が好奇心の赴くままに興味のあるテーマを取り上げて紹介。2人のマニアックなセンスが不思議な面白さを生み出している番組です。テーマ例として「駄菓子屋ゲーム」「昭和のレシピ」「醤油ソムリエ」「片手袋」「駅前食堂」「古墳」などがあり、それぞれのテーマを極めた人を「スキマなゲスト」として迎え、その魅力を思う存分聞いていきます。また「スカシカシパン通信」(※2)のコーナーでは、奇妙キテレツな生き物がたまらなく好きなしょこたんが不思議で珍しい生物などを紹介しています。
エフエム石川では2016年1月から放送しているJFN制作番組。
※1「キモス」=「気持ち悪い」のしょこたん語
※2「スカシカシパン」=ウニの一種。カシパン類で体に穴が開いていること
試聴した委員からは「山田さんと中川さんのふたりの掛け合いのテンポがよく聞きやすかった」「マニアックであることを肯定するいい番組だった」「ゲストの話が面白かった」「土曜日の昼という放送時間は聞きやすい時間帯なので、また聞いてみたい」と評価する声がありました。
一方で「山田さんと中川さんの言葉づかいはもっと丁寧でわかりやすい口調にした方がいい」「あまりにマニアックな話が多すぎてついていけなかった」などの意見もありました。

Copyright (c) FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.