第278回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

9月12日(水)

2.開催場所

エフエム石川本社

3.出席委員

6名
大場司、工藤彩子、久保 勉、新田陽子、平木孝志、柳澤良一

4.議題 1. 業務概要の報告
2. 番組の試聴と質疑、意見交換
5.議事内容

1.業務概要の報告

イベント実施報告
8月24日「BIKINI NIGHT」(金沢市、DOUBLE KANAZAWA)
8月25日「親子パン作り講座」(金沢勤労者プラザ)
8月26日「ビーサン跳ばし大会」(金石海岸)
8月26日「夏休みラジオ工作」(金沢競馬)

2.番組の試聴と質疑、意見交換
番組タイトル:MOVE内コーナー「Collor of Summer 納涼ラジオ昔語り」
7月30日「芋掘り藤五郎」、 8月1日「お銀小金」
放送日時:7月30日(月)、8月1日(水) 18:10頃〜
出  演:パーソナリティ:木村雅幸
語  り:荒木明日子(あらき・あすこ)
 

番組内容
7月30日から8月4日の間、夏の期待感を盛り上げる期間と位置付けて「Collor of Summer 2018」と題して、自社の各ワイド番組でそれぞれ期間限定の企画でお送りしました。今回試聴したのは、MOVEで放送した「Collor of Summer 納涼ラジオ昔語り」です。金沢在住の荒木明日子さんが金沢に伝わる民話を金沢の言葉でお届けしました。期間中4回に渡ってお送りした放送の残り2回の題目は「飴買い幽霊」と「医王山の大池」でした。
試聴した委員からは「次の世代に昔話を伝えるためにも、意義のある企画でこれからも続けてほしい「ラジオらしさが活かされていて、ラジオの力を感じた」「金沢弁での語りに親近感やなつかしさが感じられてよかった」などの意見がありました。
一方で「話に登場する地名がどこにあるのか、詳しく解説してほしかった」「冒頭のBGMが大きすぎた」「荒木さんはもっと歴史や言葉の表現を研究して、更に技術を磨いてほしい」などの意見もありました。

Copyright (c) FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.