第262回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

2月3日(金)

2.開催場所

ホテル日航金沢

3.出席委員

6名
岡安大助、工藤彩子、新田陽子、平木孝志、宮川昌江、柳澤良一

4.議題 1. 業務概要の報告
2. 番組の試聴と質疑、意見交換
5.議事内容

1.業務概要の報告

クリスマスのタテマチを盛り上げる特別番組「タテマチ・ハッピー・キャッチー・クリスマス・スタイル」をタテマチパティオ内特設会場から12月17日に放送したことが報告されました。ゲストに水戸なつめさん他を迎えて80分の生放送を行い、夕方には出演者によるミニライブを実施したことが伝えられました。
イベントでは、12月9日に100組200名を招待し「海賊とよばれた男」の映画試写会を行ったこと。12月11日に香林坊大和で婚活パーティーを開催し、男女それぞれ28名の参加者のうち5組のカップルが成立したこと。1月15日には招龍亭で婚活パーティーを開き、男女それぞれ31名の参加者のうち9組のカップルが成立したことが報告されました。

2.番組の試聴と質疑、意見交換

番組タイトル  天皇陛下作詞皇后陛下作曲『歌声の響』
放送日時    1月1日(日) 9:30〜9:55
出  演    古賀涼子(TOKYO FMアナウンサー)
        鮫島有美子(ソプラノ歌手)

天皇陛下が作詞され皇后陛下が作曲された唯一の楽曲「歌声の響」を歌った世界的ソプラノ歌手 鮫島有美子さんが、この歌に籠められた両陛下の沖縄の人々に向けられた温かい思いを伝えると同時に、世界の平和と国民の幸せに心を砕かれる両陛下の深いお気持ちをお届けしました。
視聴した委員からは「皇室と国民をつなぐ意味でよい番組だった」「ねむの木の子守歌を聞け、皇后陛下の歌作りの才能を感じることができてよかった」「ソプラノ歌手の鮫島さんの声や日本語が美しかった」などと評価する声があった一方で「歌が歌われた背景や沖縄の方言などに詳しい説明がなくわかりづらかった」「昭和50年がどういう時代かの詳しい紹介があればよかった」「アナウンサーにもっと色んなことを聞きだしてほしかった」などの意見もありました。

Copyright (c) FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.