第241回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

12月3日(水)

2.開催場所

エフエム石川本社

3.出席委員

6名

4.議題 1. 業務概要の報告
2. 番組の試聴と質疑、意見交換
5.議事内容

1.業務概要の報告

11月22日(土)午後10時8分40秒から午後10時9分12秒の32秒間に長野県で発生した地震の緊急地震速報を自動送出したことや、災害協定を結んでいる日本郵便とFM石川、FMとやま、FM福井で開催した第2回災害協定連絡会では、平常時において定期的に郵便局員による番組内電話レポートを実施することで、災害時のレポートへの抵抗感を軽減する試みを行うことを確認したことが報告されました。

イベントでは、11月8日(日)に金沢勤労者プラザにて開催したJFいしかわ Presetnts 「HELLO FIVE 女子力UP!おさかな料理教室」や11/23(日)には金沢市大野町界隈にて「婚活パーティー」を開催し、いずれも好評だったことが報告されました。

2.番組の試聴と質疑、意見交換

番組タイトル  サードプレイス
放送日時    11月19日(水)5:30〜6:00
出  演    鈴木直道(北海道 夕張市長)

第一の家、第二の職場・学校とともに、個人の生活を支える場所として都市社会学が着目する“サードプレイス”。そこは、人が家庭や職場・学校での役割から開放され、一個人としてくつろげる場所。番組では、意識の高いリスナーの皆さんの情報交換の場所・活動拠点として機能する「とびきり居心地のよい場所」として、政治、経済から生活文化、スポーツ、健康、趣味・遊びに至るまで、世の中の関心が集まっているテーマについて、各分野の専門家(産業従事者、アスリート、研究者、作家・評論家など)が登場。話題のど真ん中を解説し“知的武装”“健康長寿武装”を提案します。

試聴した委員からは「個性的な番組ではないが、しっかり聞ける番組だ」「市長本人の口から夕張の再建について語られるのは意義がある」という番組の構成や意義について評価する意見があった一方で、「夕張市の再生についての話では説明不足の部分があると感じました」「放送された音楽が長く冗長的だった」という指摘もありました。また「一人で話すのではなく、内容を引き出すインタビュアーがいればもっと内容の濃い番組になるのではないか」という意見もありました。


Copyright (c) FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.