第235回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

6月4日(水)

2.開催場所

エフエム石川本社

3.出席委員

5名

4.議題 1. 業務概要の報告
2. 番組の試聴と質疑、意見交換
5.議事内容

1業務概要の報告

4月から始まった昼ワイドプログラム『Ciao! -style up your life-』の番組概要についての説明、また夕方の情報番組『MOVE』の時間拡大についての報告のほか、土曜日午前11時30分から林業や木材に携わる人に話を聞く『ウッドスタイル・カフェ』が始まったことについて報告がありました。

2.番組の試聴と質疑、意見交換

番組タイトル  「Wannahappiness!!」内『ラジオがやってくる!』
放送日時    3月3日(月)14:20〜14:38
出  演    松岡理恵、志賀町立土田小学校 4・5・6年生


ラジオの持つ価値を改めて訴求することを目的に、日本民間放送連盟が全国の民放ラジオ統一キャンペーンとして実施したもの。小・中・高校、専門学校、大学を対象にラジオ局が学校訪問を行い、児童や生徒、学生たちにラジオをより身近に感じてもらおうというもので、具体的な企画内容は、ラジオ各局が独自に立案・実施することとなっている。エフエム石川では『音の思い出アルバム〜成人式を迎えた私へ〜』と題して参加希望校を募集し、応募のあった中から平成27年度で閉校となる志賀町土田小学校を訪問し、20歳の自分に向けたボイスレターを児童本人の声で収録し放送した。

試聴した委員からは「小学生の読み上げは、とても素直さが出ていて良かった。自分の小学生時代を振り返りました。」「音の思い出アルバムは母校の記憶を振り返える機会になり、良い構成であると思いました」「大人になって、これを聞いたときに初めて学校が無くなるという意味を感じるのではないかと思いました。」という番組の構成やそのコンセプトについて評価する意見があった一方で、「企画の主旨を考えると、子どもたちがラジオについて理解したことを盛り込んだほうが良かった。」「もうすぐ廃校になるということについての話し合いや、6年生に話を聞くなど生徒の生の声を聞ける内容があれば更に良かった」という指摘もありました。


Copyright (c) FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.