第231回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

12月4日(水)

2.開催場所

エフエム石川本社

3.出席委員

6名

4.議題 1. 業務概要の報告
2. 番組の試聴と質疑、意見交換
5.議事内容

1業務概要の報告

全国FM放送協議会とイオンが「災害時における総合防災ネットワーク構築に関する協定」を締結し、ジャスコの店舗を一時避難場所として提供する「安全確保」、物資の提供による「生活物資の確保」、そしてJFN38局ネットワークの情報力による「情報の提供」という災害時に必要な3つの要素を兼ね備えた防災拠点を全国に構築しました。
コンビニエンスストアチェーンのファミリーマートとエフエム石川の番組「スチューデンツ・ジャム」がコラボレーションして開発した「野菜ごろごろオムライス」が期間限定で発売となっています。
11/9(土)午後6時〜6時55分に、輪島市の白米千枚田ポケットパークから特別番組を放送し、同日から始まった「あぜのキラメキ」の模様や新しくなった道の駅の様子を伝えました。

2.番組の試聴と質疑、意見交換

番組タイトル  FM FESTIVAL2013 未来授業〜明日の日本人たち〜
放送日時    11月9日(土) 22:00〜22:55
出  演    総合司会:茂木健一郎
        講師:長沼毅(生物学者 広島大学大学院准教授)
           倉本聰(脚本家・劇作家・演出家)

「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれ、「競争心がない」「消費意欲を持たない」「上昇志向がない」と言われる現代の大学生に向けて開講した「未来授業」を編集して紹介した55分番組です。若い世代に日本人としての自信と誇りを持ってもらうことを目指し、講師の専門領域に即した具体的なテーマのもと、学生との対話型討論を通じておこなった模様を放送しました。

試聴した委員からは「学生と知の先達(ちのせんだつ)である講師が意見をぶつけるという内容は意義のあることで、もっと長く聞きたいと思いました」「今回の番組は短く編集したダイジェスト版だったため、編集のない実際の授業を聞きたくなりました」という企画への興味のほか、「学生の受講する姿勢が積極的で、県外からこの授業を聞くためだけに訪れているという志の高さに驚きました」という参加者への感想もありました。そのほか「実際の授業を短く編集してあるため、話の繋がりがよくわからない部分もあった」という編集についての指摘もありました。


Copyright (c) FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.