第171回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

1月30日(水)

2.開催場所

エフエム石川本社

3.出席委員

6人

4.議題 1. 業務概要の報告
2. 試聴と質疑・意見交換
5.議事内容

1.業務概要の報告

業務概要の報告では、昨年12月に北陸放送と共同で実施した「金沢地区ラジオ聴取率調査」でエフエム石川は12〜49歳男女の全日聴取率において、主要3指標である「週平均」「平日平均」「土・日曜」でいずれもトップを記録しました

ラジオを聴いていた人がどの局を聴いたかを示す「シェア率」では、週平均・全日の13〜39歳男女で57.8%、12〜49歳男女で53.8%を獲得し、他局を大きくリードしています

また、調査対象の全年齢幅である12歳〜69歳男女の聴取率をみると、「土曜」「日曜」の全日で首位を確保し、「週平均」「平日平均」でも首位の北陸放送に対して共に0.2%差の僅差に迫る結果となったことが報告されました。

2.試聴と質疑・意見交換

試聴番組
ラジオドラマ「月のしらべと陽のひびき」

放送日時:1月20日(日)19:00-19:55

委員からは、「通常は琴の音は聞けないのですごく良かった。」「中国の箏の響きも聴いたことがないのですごく素敵だった。」「目をつぶって聴くと場面が想像できるので、退屈しなかった。ドラマの時間と音楽の時間のバランスも取れていた。」などと番組を評価する意見が出されました。一方で「琴の音や中国の古い楽器の音をもっと聴きたかった。」「日本の琴と中国の箏は別のもの。“コト”の漢字が見えるように話してもらいたかった。」などの意見も出ました。


Copyright (c) 2000 FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.