第157回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

7月25日(木)

2.開催場所

エフエム石川本社

3.出席委員

8人

4.議題 1.業務概要の報告
5.議事内容

1.業務概要の報告

地上デジタル音声放送の最新状況について、以下を要旨とする説明がありました。
地上デジタル音声放送が、今年中に、東京と大阪で本放送を開始する予定だったが、色々状況が変化し、予定どおりのスタートが切れない状況となっています。
2004年に出た基本方針では、今年から東京と大阪で、2008年から全国主要都市で、他の地域については、アナログテレビジョン放送が終了する2011年以降に、本放送開始することとなっています。
運営組織は、マルチプレックス会社方式で、電波を出す運営会社を各社の出資で設立するものです。番組制作は、別の番組制作会社が行います。
この仕組みで、全国規模のマルチプレックス会社が、FM東京などが出資して今年中に設立される予定でしたが、出資を見合わせる放送局が出るなど、設立が危ぶまれる状況になっています。
これは、マスメディア集中排除の原則の緩和が7月11日に発表され、持株会社制度の導入でキー局の地方局への資本参加が大幅に認められ、さらに、テレビ局とFM局の兼営が認められることなど、大きな動きが出てきたためです。
当社では、全国的な情勢を検討しながら対応していきます。


Copyright (c) 2000 FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.