第134回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

3月29日(月)

2.開催場所 エフエム石川本社会議室
3.出席委員

寺西盛雄、宮本匡章、大村松雄、新滝祥子、小室紘之、平木孝志、山岸淑子

4.議題 1 .業務概要の報告
2 .試聴と質疑・意見交換
5.議事内容

1 .業務概要の報告

 開局 15 年記念プロジェクトとして、 4 月 1 日にバースデー特番を放送するほか、記念コンサートや音楽祭など多彩な事業が計画されていることが紹介されました。また 4 月の番組改編で、お昼の生ワイド番組「アーバン・ハローファイブ」が「ナッティ・タイムズ」、また金曜日の「パンプ・アップ・レディオ」も「ウイークエンド・スクエア」としてそれぞれ生まれ変わること、他の番組でもパーソナリティが交代することなどの報告がありました。

2 .試聴と質疑・意見交換

 試聴番組「ふるさと 新たなる旅立ち・かほく市編」

3 月 7 日 ( 日 ) 午前 9 時〜 9 時 30 分放送

  高松、七塚、宇ノ気の三町が合併して誕生したかほく市を紹介する特別番組を放送しました。
委員からは「司会者や登場者の話の内容が整理されていました」「西田哲学や郷土芸能などではなく、現代的な視点で展開しているところがFM局らしい」「選曲に抵抗感がありませんでした」など、番組の内容を評価する意見が出されました。

一方では、「番組の内容は施設やイベントの紹介が主で、全体に平板でした」「海岸線の美しさなどの紹介や、合併に至った歴史的な背景などの説明が欲しかった」などの指摘もありました。


Copyright (c) 2000 FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.