第116回エフエム石川放送番組審議会の議事概要について


1.開催日時

5月29日(水)

2.開催場所 エフエム石川本社会議室
3.出席委員 大村松雄、北元喜朗、新滝祥子、伊藤数子、寺西盛雄、堀喜代治、宮川昌江、山岸淑子
4.議題 1.業務概要の報告
2.試聴と質疑・意見交換
5.議事内容

1.業務概要の報告  

エフエム石川の13年度の決算概要などについて説明があったほか、今後、地上波のデジタル化が進み、ローカルラジオ局も2011年以降に現行のアナログ放送に加えてデジタル放送をも送信する「モアチャンネル」時代に入ることから、経営体力をつける必要があることなどについて説明がありました。

2.試聴と質疑・意見交換
  試聴番組『COSMO EARTH CONSCIOUS ACT』
  4月22日(月)午後7時〜9時放送

地球環境の保護と保全を目指す運動で、毎年「アース・デー」にライブコンサートを行い、メッセージを発信しています。
今年は日本武道館を会場にCHAGE&ASKA、BoAらが環境保全の大切さを訴えました。
委員からは「ライブ感があり、メッセージはリスナーに十分伝わったと思う」「若い女性歌手がきれいな日本語でメッセージを伝えるのを聴き、ラジオの大切さを痛感した」「CMも地球や大自然をテーマに、内容が工夫されていた」「世界中継されるなど、スケールの大きい番組だ」などの意見が出されました。
一方では「外国からの反響も加えればよかった」「客席でインタビューするなど、番組としての工夫が足りなかった」などの意見が出されました 。

−以上 −


Copyright (c) 2000 FM ISHIKAWA Broadcasting Co., Ltd.
 All rights reserved.